トリアージ

いつもJMCブログをご覧いただきありがとうございます。

11月19日(日)に開催された「第7回神戸マラソン」に出場して参りました。
参加人数は1万9709人(1万8949人が完走。完走率96.1%)。
阪神・淡路大震災から復興を遂げた開港150年目を迎えた港町「神戸」を走りました。

神戸マラソンは、阪神・淡路大震災から復興を遂げた神戸の街を国内外に発信するとともに、現在にいたるまで手を差し伸べていただいた方々に感謝の気持ちを伝える大会です。
大会当日は、コース沿道を震災復興の象徴である“ひまわり”の黄色で彩り、ランナーを応援しています。
スタートセレモニーでは『20,000人で咲かせる“感謝と友情”のひまわり』を実施しました。
『ひまわりの手袋』が配られ、着用した両手を一斉に天高く掲げ、それぞれの想いを胸に、神戸の街に“感謝と友情”のひまわりと笑顔の花を咲かせました!

 

コースは神戸市長田区の「鉄人28号」モニュメントのそばを通り、明石海峡大橋の下をくぐって折り返し。
潮風を受けながら海岸沿いを駆けます。浜手バイパス、神戸大橋では震災から復興した街並みを一望し、ポートアイランド内にあるゴールを目指します。
37km地点の神戸大橋の長い坂以外はほぼ平坦な記録の出やすいコースです。

そんな中、私ランナーHは、大会1週間前に左膝を負傷。大会に向けて練習量と強度をあげた事が原因と思われます。
治る事を期待しましたが、当日朝になっても奇跡はおこらず歩く度に体重が掛かると痛む状況。
大会の主旨を考え、大会セレモニーに参加し、行けるところまで頑張ろうとスタートラインに立ちました。
左膝をかばいながら右足に負担を掛けながら何とか走りました。しかし、20Km地点から右足に違和感が出始め、23.7㎞で遂に悲鳴を上げてしまいました。
すぐさま沿道のスタッフが駆けつけて下さり、救護室へ。
トリアージタグを付けられ、ボランティアの医師・看護師・トレーナーからマッサージやアイシング処置を受けました。
しばらく回復する事を待ちましたが、水分不足や電解質不足ではなく、普段と異なる動きをした事による痙攣のため、既に相当なダメージを受けているだろうと医師からの診断が。
このまま残り約18kmを走る(歩く)事はさらにダメージが大きくなるため、泣く泣くリタイアの決断をしました。6回目のフルマラソンで初リタイアとなってしまいました。

その後、救護室を離れ、時間制限の関門に間に合わないランナーを乗せる収容バスで待機しました。
待っている間、時間制限まで頑張っているランナーを見ると、「やっぱり歩いてでもゴールを目指せば良かったかな」と複雑な気持ちになりました。
しかし、故障発生後も頑張ったばかり、長く治療を続けている友人がいる事もあり、ここでリタイアした事を必ずいかそうと決意しました。
完走メダルは貰えませんでしたが、この「トリアージタグ」は決意の証として保管しておきます。

沿道で声援を送ってくれた60万人の皆さん、ボランティアスタッフ、そして医師・看護師・療法士等の医療スタッフの皆さんありがとうございました。
完走はできませんでしたが、本当に素晴らしい大会でした。
いつか必ず「神戸」でリベンジします!!

 

収容バスに乗せられたあるおじさん。
電話でおそらく奥様に
「関門引っかかったわ。応援してくれたのに悪いなあ。これから観光バスに乗って神戸観光して帰るわ。ガハハハッ」
さすが関西人(笑)
沈んでいた中、明るい気持ちになりました(^^♪

世界糖尿病デー

いつもJMCブログをご覧いただきありがとうございます。

マラソンシーズンが本格的に始まる中、私ランナーHも皇居を走っていた所、いつもと違う風景が。
どうやら11月14日は「世界糖尿病デー」という事で、予防・啓発のシンボルカラーである青色に東京駅舎がライトアップされていました。

11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年12月20日に国連総会において「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議(UN Resolution 61/225)」が加盟192カ国の全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。
11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして顕彰しています。
世界糖尿病デーは、現在、世界160カ国から10億人以上が参加する世界でも有数な疾患啓発の日となっており、この日を中心に全世界で繰り広げられる糖尿病啓発キャンペーンは、糖尿病の予防や治療継続の重要性について市民に周知する重要な機会となっています。
世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が用いられますが、これは、糖尿病に関する国連決議が採択された翌年2007年から使われるシンボルマークです。
国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズとともに、世界中で糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。
(世界糖尿病デー実行委員会より引用)

この日は、東京駅舎に二つあるドーム型の屋根が青色のライトに照らされ、夜空に浮かび上がっていました。
皇居周辺では、糖尿病予防に効果のある「スロージョギング」をするイベントも開かれ、約80人が参加したそうです。

 

世界的な脅威になっている糖尿病患者の増加。国際糖尿病連合(IDF)によると、世界の糖尿病人口(20-79歳)は、2015年の時点で全体の8.8%となる約4億1500万人。2040年には約6億4200万人に達すると予想されています。
日本ではどのような状況でしょうか? 全国で糖尿病が疑われる成人が推計で1千万人を超えたことが、9月に厚生労働省が公表した2016年の「国民健康・栄養調査」で判明しています。1997年の調査開始から増加の一途をたどり、ついに大台を突破してしまいました。
糖尿病の「予備群」とされる人口も約1千万人。2008年に始まった特定健康診査(メタボ健診)の受診率は、2015年にようやく50%を突破(厚労省調べ)。これだけの数の糖尿病患者や「予備群」がいるとされていながら、自分自身の健康状況を把握できていない人も多いのが現状です。
生活習慣病である糖尿病が恐ろしいのは、痛みなどの自覚症状がないのにかかわらず、合併症を引き起こすと命を奪う危険があるという点。重症になる前に、早期発見・早期治療を行うが大切です。一方で「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われるのに治療を受けていない人の割合は、40代男性が48.5%と突出して高く、働き盛り世代が大きなリスクを抱えていることを示しています。
一人ひとりの健康を損なうだけでなく、糖尿病は経済にも影響を与えています。IDFによると、世界の糖尿病治療と合併症管理に要する医療費は、2015年で6730億米ドル。2040年には8080億米ドルと、現在の日本の一般会計予算に迫るレベルにまで増えます。糖尿病に関連した医療費の支出が、世界経済や日本の財政を圧迫する原因となるのです。

 

日本糖尿病協会のサイトによると、「こうすれば絶対に一次予防(発症自体を防ぐ)できる」という必勝法はないようですが、バランスの取れた生活を送ることが大切ですね。「糖尿病にならない7カ条」をご紹介します。
(1)バランスのとれた食生活(総エネルギーと脂肪の摂取量に注意)
(2)夜食をしない、間食をしない
(3)アルコールはほどほどに
(4)適正な体重の維持
(5)毎日の食後の歩行(30分位)
(6)ストレスの解消
(7)禁煙または節煙
(日本糖尿病協会のサイトより「糖尿病に関するQ&A」より引用)

私は元々ランニングを始めたきっかけは、少しお腹が出てきた事でした。
営業職とは言え、デスクワークが多く、社会人になってから運動を怠っていました。そんなきっかけで始めたランニングが今では習慣化し、フルマラソンを走るまでになりました。
しかしながら、そこまでいきつくと今度は筋肉痛や関節痛が生じるため、やはり適度な運動を習慣化させることが重要だと思います。
健康のために当たり前のことを続けていれば良い、とはわかっていても、なかなか続けられないのも確か。
人によってやり方はさまざまあると思いますが、普段の意識から改善していく必要がありそうです。

 

さて、糖尿病に特化した業務を行いたいというご相談が増えております。その様なご希望にお応えできる求人をJMCでは多数揃えております。是非、お気軽にお問い合わせ下さいませ!

結果発表

いつもJMCブログをご覧いただきありがとうございます。

全国医師ユニオンや医労連(日本医療労働組合連合会)などで作る「勤務医労働実態調査2017実行委員会」が11月9日に発表した調査で、多くの医師が長時間労働により勤務に影響が出ている実態が分かりました。

「過労死ライン」に当たる月80時間以上の残業を超えている医師は、常勤医(当直なし)で4.9%、常勤医(当直あり)では7.3%、初期研修医が8.5%に対し、後期研修医では18.9%と高い数字となりました。また1か月の休みが0日の医師が、常勤医で8.2%、初期研修医で4.2%、後期研修医で8.1%という結果でした。

こうした長時間労働の背景には、夜間や休日の救急医療や重症者に対応する「当直勤務」が大きく影響しています。当直明け後の勤務体制について、78.2%が「通常勤務」と答えており、連続勤務が日常茶飯事となっている現状が浮き彫りとなりました。

さらに、労働時間の管理方法については、「自己申告」が51.6%と最も多く、「タイムカードなどの客観的管理」が27.5%、「管理なし」が17.6%と、労働時間が十分に管理されていないことも明らかになりました。

また、当直明けの翌日の連続勤務と医療ミスとの関係についての質問で、集中力や判断力に関して「通常時と比べて大幅に低下していると思う」が36.3%、「やや低下していると思う」が42.7%と約8割が低下していると回答がありました。

電子カルテの文章の入力ミスや単純なミスも含む診療時のミスについて問うと、全体の13.4%が「相当ミスが多い」、13.4%が「ややミスが増える」と、3割近い医師が実際にミスが増加していると回答がありました。

医師の時間外労働への規制のあり方について厚労省の検討会で議論が進んでいる中、働き方改革で医師労働は改善すると思うかを問うと、全体の57.1%が「ほとんど改善しない」と回答がありました。その理由を聞くと、複数回答で「必要な診療体制を維持できない」がもっとも多く、次に「医療現場の法律は守られない」、「医師を労働者と考えない風潮」と続きました。

時間外労働の上限規制について、医師への適用は5年間猶予を設けたことについては、「わからない」が42.4%と最も多く、「賛成」が17.2%に対し「反対」が35.2%と2倍以上となりました。

調査は2017年7〜9月、学会や医療団体に協力を要請して記入を依頼し、約1800人の勤務医から回答。このうちインターネットでの回答を除いた1621人のデータが公表。回答者の属性は、性別(男性77%、女性23%)、年代(20代7.3%、30代20.5%、40代24.7%、50代25.3%、60代以上22.1%)、ポスト(院長9%、副院長9.4%、診療部長・科長28%、一般医師43.6%、無回答9.9%)。

 

「医師のモチベーションを支えるものは3つあり、それが叶えやすいことが働きやすさに繋がる」と言われています。
1つ目は報酬。
2つ目はキャリアアップや専門医・指導医の資格取得といった自己実現。
3つ目は、感謝される、尊敬されるといった社会的動機

その3つに加え、如何にQOLを確保できるかが働きやすい病院に繋がってきます。
そして、働きやすい環境づくりに成功している病院からは、
「時間をかけて改革した結果であり、魔法の杖はない」とお聞きします。

研究支援、資格取得支援、フレックスタイム制度など、さまざまな施策によって、医師のモチベーションや、
「自分たちを大切にしてくれる施設」という意識が高まり、働きやすい文化が醸成されるようです。
医師に応じて待遇やルールを微調整したり、最も多い世代のニーズを優先的に満たしたりなど、現状に合わせてPDCAを繰り返す柔軟性に改善されている病院もあります。

私達エージェントは、先生方の働きやすい職場を案内するだけでなく、採用や職場作りが上手くいっている病院の情報を吸収し、それを職場作りが上手くいっていない病院に還元する事も役割の一つだと思っております。

 

先生方、働く環境の悩みは色々あると思いますがそんな時は是非ご相談下さい。
JMCは医師が働き易い環境をあらゆる確度から分析しご提案させて頂きます。

第21回医療経済実態調査 平均年収はいくら?

いつもJMCブログをご覧いただきありがとうございます。

11月8日の中央社会保険医療協議会の総会と調査実施小委員会で公表された「第21回医療経済実態調査」によると
一般病院の病院長の2016年度の平均年収は、医療法人が最も高く3125万9262円、公的1893万1644円、公立1694万6099円、国立1445万2253円、社会保険関係法人1251万7605円で、開設主体により大きな差があることが分かりました。
開設主体別の平均年収差は2015年度でも同様に見られました。

平均年収の増減を見ると、医療法人(2015年度比0.6%増)、公的(同2.0%増)、公立(同1.0%増)、社会保険関係法人(同2.6%増)では増加した一方、国立(同0.3%減)では減少したました。
平均年収は、「平均給料年(度)額」と「賞与」の合計額。

一般病院の医師(病院長以外)の平均年収も同様に、最も高いのは医療法人で1452万1856円(2015年度比0.2%増)。以下、公立1300万3755円(同0.4%増)、公的1255万7100円(同0.8%減)、国立1192万9465円(同0.6%減)、社会保険関係法人1171万5078円(同2.7%増)でした。
国立病院の職員は、歯科医師、薬剤師、看護師職員、医療技術員のいずれも、前回調査よりも0.3~1.3%減少しています。

一般診療所(有床、無床の全体)について見ると、医療法人の院長の平均年収は、2788万505円(2015年度比0.6%減)でした。
院長以外の医師の場合は、医療法人1258万2253円(同2.0%減)、個人1014万2218円(0.8%減)でした。

今回の医療経済実態調査は、2016年度診療報酬改定をはさんだ2カ年の経営状況を調べるため、
(1)2016年4月から2017年3月末までに終了した事業年(度)
(2)2015年4月から2016年3月末までに終了した事業年(度)――
の2期間について調査。

調査対象は、病院2581施設(有効回答数1450施設、有効回答率56.2%)、一般診療所3220施設(同1744施設、同54.2%)、歯科診療所1143施設(同654施設、同57.2%)、保険薬局1835施設(同1090施設、同59.4%)でした。

個人的には、病院数約8,400(内一般病院 約7,350)ある中で、対象病院が2,581と少ない印象を持ちました。
諸々過去に問題があったとはいえ、社会保険関係法人の給与がまだまだ改善されていない事が明白です。

 

ただ、今回の調査資料ですと、診療科目毎や年次の相場が分かりません。
JMCでは全国の医療機関から求人をあずかっています。
それらの情報から先生方の適正な年収を診断させて頂いております。

 

【JMC 年収診断サービスのご案内】
ご利用頂いた先生からは、好評をいただいております。
ご自身の価値が分かり、ご転職しない場合でも次年度の昇給の交渉材料になるようです。

転職をお考えの方もそうでない方も、是非一度、ご活用下さい!!
★━━━━━━━━━━★

・現状には満足しているが、自分の適正年収(相場)を知っておきたい!
・現在の自分の年収に不満があり、適正年収(相場)を知りたい!
・現在転職活動を検討していて、診断結果を今後の転職活動にい活かしたい!

あなたの適正年収が分かる!? JMCの年収診断
★━━━━━━━━━━★

医療の誇大広告取り締まり強化

いつもJMCブログをご覧いただきありがとうございます。

医療の誇大広告取り締まりが強化された報道がなされました。

医療機関によるホームページ(HP)上での「絶対に安全な手術を提供します」といった虚偽・誇大広告の取り締まりに向け、厚生労働省が8月下旬からインターネット上でパトロールを始めたことが4日分かった。こうした広告は特に美容医療の分野で目立っており、不適切な記載があるとして把握できたのは9月末までに279件。当該の医療機関に改善を求める。

厚労省によると、脱毛や脂肪吸引などを行う「美容医療」で施術効果を誇張したり、安価な料金を掲載したりするケースが多いといい、契約トラブルや健康被害の相談が増加。今年6月、医療機関のHPを「広告」とみなして虚偽・誇大広告を禁止する改正医療法が成立しており、来年6月までに施行されることになっている。

ネットパトロールは厚労省が改正医療法施行に先立って策定、公表していたガイドラインに基づき実施。委託を受けた日本消費者協会が医療機関のHPを監視し、加工・修整した写真や科学的根拠に乏しい情報などを見つけた場合、掲載した医療機関に見直しを促す。改善が認められなければ、協会が所管の自治体に情報提供し、ケースによっては自治体が行政指導に乗り出す。

協会は一般からの通報も受け付けている。厚労省は今後、典型的な通報内容を記した事例集を作成し、医療機関に注意を呼び掛ける方針。

改正医療法は、違反の恐れが判明した段階での所管自治体による立ち入り検査を規定し、違反が確認されれば6月以下の懲役か30万円以下の罰金を定めている。厚労省の有識者検討会は今後、手術前と後の写真掲載を原則禁止するなどした新たなガイドラインや省令の案を取りまとめる予定。

国民生活センターによると、2016年度に全国から寄せられた美容医療に関する相談は2077件。このうち医療機関のHPやネット上の情報がきっかけで受診したのは456件だった。

 

虚偽・誇大広告は、我々一般人の立場からすると契約トラブルや健康被害を被る事になるため未然に防ぎたい物です。

情報過多になっている現代社会では、情報を取捨選択し自己防衛の術を身に付ける必要があります。

「知らなかった」「まさか嘘だとは」では済まされなくなってきています。投資・ギャンブル・アフィリエイト・転売などのお金儲け系や出会い系など毎日のように一方的に送りつけられるスパムメールについてもそうです。

契約社会のアメリカでは、取引上の道徳的な問題はそれほど重要視されないそうです。あくまで契約内容が優先されるため、契約後に不合理な事実が判明してもそれは自己責任。厳しいようですが、すでに日本も「知らなかった」では済まされなくなってきています。

 

私自身、気を付けなければいけないなと思っている事は、「誰が言っているか」で情報を取捨選択してしまうと「リスクがある」という事です。

「この会社の商品だから大丈夫」
「この人が言っているから信用する」

大手企業しかり政治家しかり、ブランドだけで精査した結果、消費者・有権者は被害にあってしまっています。

 

先生方におかれましても「多数の医師転職求人サイト」の良し悪しの判断は難しくなってきているご状況かと思います。
「医師 求人」「医師 転職」のキーワードをたたけば、多数の転職求人サイトを見つけることができます。
しかし、それぞれの企業の本当の実力や宣伝内容通りに良質な求人が見つけられるかどうかは全くの未知数であり、特に初めての転職に臨み求人情報を集めている医師にとっては悩みどころだと思います。

 

JMCは、創業以来、医師転職支援を専門で行っています。
単なる「機械的」なマッチングではなく、医師や医療法人の皆様と同じ目線で語り合い、緊密な人間関係を築きながら、あえてアナログなコミュニケーションを重視しています。
たとえ転職に至らないケースでも、永いお付き合いができればと考えております。

数ある紹介会社からどこを選ぶか迷われた際は、是非ご相談下さいませ。